声優になる方法

あなたの声は、声優に向いてる?向かてない?声質で悩む必要はありません!

声が魅力的じゃないと声優にはなれない?

プロの声優さんの声は、みんなとても魅力的な声に聞こえますよね。

「自分はあんなに素敵な声じゃないから、声優にはなれないのかも・・・」

と悲観的になる必要はありません。

なぜなら、誰でも、魅力的な声は出すことができるからです。

魅力的な声とは?

そもそも魅力的な声とはなんでしょう?

魅力的な声とは、非常に曖昧なものです。魅力的な声とは、吹き替えであれば、そのキャラクターを芯で捉えた声のことです。

どれだけアニメ声だとしても、アニメのキャラクターの見た目、性格、考えていること、思っていること。そのすべてを腹に落とし込めていない演技では、魅力的になど聴こえないものです。

それができるのがプロの声優です。あなたにもそれができるようになれば、プロの声優になれるでしょう。すると不思議とあなたの声は、非常に魅力的に聞こえるようになります。

声優に向いている声は?

そもそも声優に向いている声とはどのような声でしょうか。

アニメ声?高い声?低い声?変わった声?

どれも正解ですし、どれも不正解です。

声優に向いている声、とひとくくりにすること自体が誤りです。

声には、その声質に合った役どころがあります。好青年に合う声、明るい女の子に会う声、聡明な女性に会う声。

私は養成所時代に、ある先生から、「君の声はナレーター向きだね。とてもよいね。」とアドバイス頂いたことがあります。

キャラクターだけではなく、ナレーターに向いている声もあります。

ですから、声優に向いているか?ではなく、あなたの声が似合う役どころは何か?を常に意識することを重視しましょう。

声優に向いていない声は?

反対に、声優に向いていない声というのも存在しません。必ずあなたの声にピッタリの仕事があります。

また、声というものは訓練次第でどんな風にも変化させられます。

硬い無機質な声、柔らかな陽だまりのような声、心に響く声、復讐心で殺されそうに思える声。

演技力とはまた別に、様々な声の出し方があります。それらを身につけることは可能です。

ですから、あなたは、他の人の声を羨ましがる必要なんてないんですよ。あなたの声は、あなただけの武器なんです。そして武器は、どんな武器にも変化させられます。

あとは、あなたのがんばり次第でどんな強力な武器にもすることができるんだということ、覚えておいてください。

だから、あなたがプロの声優になることは、決してただの夢なんかじゃないということです。

勘違いしがちな、声優にとって声質よりも大切なこと

ここまで声の話ばかりしてきました。確かに声優にとって声質というのは、切っても切り離せない大切な要素のひとつです。

ですが、声質などというものは、あくまで要素のひとつに過ぎません。

肺活量、演技力、コミュニケーション力、キャラクターを読み解く力、状況を把握する力・・・。まだまだ他にも大切なことはたくさんあります。

そんな中で最も大切なことは、すべてから学ぶ姿勢です。

プロの声優にゴールはありません。また、プロに望まれることすら、日々刻々と変化していきます。

だから、プロの声優とは、周りのすべてから学び、自分を磨き続けられる人のことです。

仲間の発声の仕方や演技。友人からの何気ないアドバイス。先生方から指導で受けた言葉。それどころか、日常生活すべてが声優の力を高めるヒントで溢れています。

学びを生活の一部にしてしまうことが、プロへの近道だ。

私が以前に先生から受けた言葉を、あなたにもおくります。

まとめ

声優にとって声は大切です。武器であることは事実です。ですが、そんな狭い視界で声優を捉えていてはプロの声優にはなれません。

もっと大きな視界で、体全体で、声優という職業を捉え、向き合うことを覚えておきましょう。

そうすればあなたもきっとプロになれます。

プロ声優になる人がはじめに見るコンテンツ