声優専門学校・養成所

【声優になる!日ナレのレッスン風景とみんなの様子は?

これから声優養成所に入ることを考えている方なら、

実際の養成所のレッスンって、どんな雰囲気なのかな」と気になりませんか?

というわけでこのページでは、声優養成所の大手【日本ナレーション演技研究所、通称「日ナレ」】の基礎クラスのレッスン風景をお伝えします。

もし日ナレに入所を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

日ナレ!基礎クラスひとつには個性的な20~30人!年齢性別はバラバラ!

だいたい人クラス20~30人が基本です。年齢は10代後半~30代前半ですね。特に17~25歳くらいが多いです。男性女性もバラバラで、職業も学生さんもいれば、フリーターさんもいれば、サラリーマンや自営業の方など様々です。

本当に個性的な面々が揃うことが多いので、みんなバラバラすぎて、見ていて面白いですよ。

いろいろな考え方や環境に身を置くメンバーを通じて新しい世界と触れられるので、周りから常にいい刺激がもらえます。自分の世界を広げて魅力溢れる人間になることが大切です。これが養成所のいいところでしょう。

日ナレ!声優レッスンの服装は?

男女ともに、みんな動きやすい服装でレッスンに参加しています。

もっとも多い服装は、下はジャージ、上はTシャツです。メチャクチャ動きますから、ジーンズとかじゃキツいです。開始直後の準備体操の段階で「動きにくい・・・!」と感じるでしょう(笑)

このメチャクチャ動くというのは、日ナレが声のトレーニングだけでなく、体全体を使った演技力を身につけるカリキュラムに力を入れているためです。

あとは、シューズ(上履き)は各地の養成所や部屋によって必要/不要どちらもあるでしょうが、私の通っていた大阪梅田の日ナレは上履きは必要でした。

もっとも、この辺の必要なモノに関しては、入所オーディションの合格通知と一緒に「持ち物一覧」が貰えるので、そちらを見ればOKです。

日ナレ!声優レッスンの流れは?

まずは柔軟体操から始まります。体をほぐすのは当然として、顔の筋肉もほぐします。変顔です。大丈夫、恥ずかしいのは初めだけですから(笑)

そして基礎の発声練習。この発声練習は、時期によって変化していきます。

はじめは「あめんぼあかいなあいうえお」だったのが、半年も経つと「ういろう売り」になります。

さらに1年の後半では「ういろう売り」に体の動きを付けて動き回るというアクティブなものに変化していきました。

そしてレッスンの本題にはいります

このメインとなる部分は日によっても様々。もちろん講師の先生によっても様々なパターンがあります。これは後ほど紹介します。

レッスンが終われば、部屋の床掃除。吸引力の変わらないただ一つの掃除機でゴミを吸って終了。

そしてここからが1番楽しかったんですが、みんなで梅田の街に遊びにいきます。(私は大阪でしたから)

マクド(マック)に行ったり、カラオケいったり、居酒屋いったり、もう部活動みたいでしたね。クラスみんな友達みたいな感じになっていて、とても楽しかったものです。

日ナレ!講師もレッスンスタイルもバリエーション豊富!

 

・みんなの前で自己紹介

・激アツのたこ焼きを食べる真似

・2、3人で「葉っぱのフレディー」の本を朗読

・「走れメロス」の演技

・「スイミー」を7、8人で表現豊かに発表

・1週間で1番面白かったことを、その時の状況を体で表現しながら、みんなの前で発表

・台本付きの芝居を演じる

などなど。ぱっと思い出すだけで、これだけあります。実際はもっとありましたが、忘れましたね。

「たこ焼きを食べるふり」のように1回切りの場合もあれば、「台本付きの芝居」のように何周にも渡って完成度を高めていくケースもあります。

厳しい先生も多かった。はじめの頃から厳しくて、こっちは素人なのにズバズバ言って来るんですよ。

初めから出来るわけないじゃん!無理だから!って(笑)

でも、うまい具合に笑いを混ぜてくるもんだから、殺伐とした雰囲気にはならなかったのは流石ですね。

それに指摘が的確だからグウの音もでない。悔しくて一生懸命練習したのを今でも思い出します。

あ、指摘部分を練習するのは大切ですよ?放置したらダメですからね。ちゃんとやってると、どんどん伸びますから。

まとめ

日ナレは週1回3時間からレッスンを受けられるのが魅力です。そしてレッスンが楽しい!

その代わり、専門学校に比べるとレッスンが限られた時間にはなりますが、その分、自主練習でモロに差がつきます。

レッスン以外の時間を有効につかって常に自分を高めることができれば、プロの声優にぐっと近づけますよ。

プロの声優になるため、頑張りましょうね。

プロ声優になる人がはじめに見るコンテンツ