声優の仕事

声優の専門学校・養成所に入って真っ先に気をつけたいこと!

勘違いしがち!声優はひとりでやる仕事じゃないんです

専門学校でも養成所でも、学ぶ場所。ですが、よたまに一人きりでがんばろうとして、周りは敵だ、と勘違いする人がいます。

ですが、声優という仕事は1人では成り立ちません。そもそもひとつの作品には大勢の声優が参加するのが基本です。

さらに、役者間の掛け合いや、息を合わせることはもちろん、日々のコミュニケーションを取ることが、素晴らしい作品を生むのです。

学校という場であってもそれは同じことです。孤立するのではなく、自分を磨きあげてくれる仲間という意識で臨みましょう。

そうすれば、自ずと人との関わりが生まれ、あなたは大きく成長できます。

声優を目指す仲間は、あなたの一生の友達!

声優の学校では、同じ目標に向かっている仲間が集まります。自分と同じ夢を共有できるというのは、本当に楽しいものです。

ぜひ、1人でも多くの友人を作りましょう。

声優への道はとても厳しい。辛い時や心が折れそうな時、仲間がいることで救われることは少なくありません。途中で夢を諦めるなんてあるはずない!と今は思うかもしれませんが、辛い時期というのは、誰にも訪れるものです。そんな時に、折れずにまた夢を追い求められるようになるのは、友達のおかげだったりするものです。

また、共に切磋琢磨し合うことで、あなたの力はグングン伸びていきます。友達を大切にして、がんばっていく姿勢を忘れないようにしましょう。

そうすることで、あなたはプロの声優に着実に近づいていけますよ。

声優の練習、ひとりでやる?仲間とやる?

声優の力を身につけるには、自主練習がかかせません。では、自主練習はひとりでやるべきなのでしょうか?仲間や友人と一緒にやる方がいいのでしょうか?

それは、仲間と一緒に行う方がいいです。

例えば、ただの発声練習は1人でもできます。ですが、誰かと共に行うことで、お互いの直すべきところを指摘し合うことができます。思いもよらないアドバイスを貰えることも少なくありません。

また、演技の練習などはひとりでするよりも複数人で行った方が圧倒的にいいというのは想像にむずかしくないでしょう。

サッカーの選手になりたい人が、一人きりで練習していてなれるでしょうか?誰かとパスやドリブルの練習をしたり、試合を行うことは必須です。

声優も同じことです。このことを忘れずに努力すれば、あなたの力はグングン伸びていくはずです。

声優レッスンは楽しまなければ意味が無い!

声優になるために必死になって学ぶのは、素晴らしいことです。ですが、楽しむことを忘れてはいけませんよ。

楽しむ心の余裕は、演技に幅を持たせてくれます。ハリのある発声ができるようになります。まわりに人が集まってきます。するとますます学ぶことが楽しくなっていきます。

「やらなくちゃ!がんばらなくちゃ!」よりも、

「やっていて楽しい!もっとやりたい!」が理想の学び方です。そうすれば、声優になるための勉強が、あなたの生活の一部に昇華されていくはずです。

そうすればしめたもの。あなたは、みるみる上達していくことでしょう。

まとめ

ひとりで自分の内に閉じこもっていては、何も身につきません。

中にはコミュニケーションが苦手な方もいるでしょう。はじめは簡単なことからでいいんです。ただの挨拶でもOK。人と関わることを楽しみましょう!

そうすれば、学ぶこと自体が楽しくてしょうがなくなります。それこそが、学ぶ上で、プロになる上で大切なことですよ。

プロ声優になる人がはじめに見るコンテンツ