声優になる方法

声優になるためには?プロデビューまでの流れと3種類の養成機関

この記事は次のような人のためになります。

声優になるんだ 声優になるんだ
どうやったら声優になれるのかな?

あなたは、プロ声優としてデビューするまでの流れをご存じでしょうか?

この記事は、これからプロの声優として活躍するまでに、どんな順番で何をしたらいいのかについて書いた記事になります。細かいところはひとまず隣においておいて、大きな流れから把握していきましょう。

声優としてプロデビューするまでの流れ

プロの声優になるための流れはいくつかあります。ですが、基本的に声優とは技術を必要とする専門職になります。

そのため、必ず専門学校や養成所でしっかりとした指導を受けて、スキルを身につける必要があります。どこかで勉強しないとダメなんだろうなぁとは、なんとなく想像がつきますよね。

養成機関の種類や説明は後ほどするとしまして、養成機関で声優の技術を身に付けたあとはオーディションを受けて、合格すれば声優プロダクションに所属することになります。

つまり、「養成機関」⇒「入所オーディション」⇒「声優プロダクション所属」と言う流れになります。

声優プロダクションに所属した後は、いよいよ声優としての仕事を頑張って、もらい、どんどん活躍していくだけになります。

声優の養成機関の3つの種類

声優になるための訓練を受けられる養成機関は主につぎの3種類があります。

  1. 声優の専門学校
  2. 声優の養成所
  3. その他

その他とは、劇団の養成所などですね。まぁ基本的には①と②のどちらかでちからを付けるケースがほとんどです。①と②では、授業日数や期間や教えてもらい方がバラバラです。加えて、プロダクションが運営する養成機関もあれば、プロダクションとは無関係のまったく独立した養成機関もあります。プロダクション経営の場合は、卒業後にそのプロダクション関連の事務所に入るケースが多くあります。一方独立系の場合は、様々なプロダクションへ所属することが可能です。

・専門学校の詳細が知りたい方は【【声優になる】専門学校の特徴まとめ/向いてる人or向かない人】をどうぞ。

・養成所の詳細が知りたい方は【【声優になる】養成所の特徴まとめ/向いてる人or向かない人】をどうぞ。

いずれにしても、将来、声優プロダクションに所属することまで考えて、声優の養成機関を選びたいものです。

①と②の違いについては、記事【【声優になる】専門学校と養成所の違いは?メリットとデメリット】なんかも参考になりますよ。

声優の養成機関(専門学校・養成所)の選び方

声優の養成機関の選び方として大切なことは、無理なく通えることです。あとは、「絶対に声優になってやるんだ!」という熱い気持ちと、努力をつづける強い意志があれば、なんとかなります。

声優の養成機関を選ぶときの考え方は、【私が/僕が声優になるための方法】に載せてあいりますので、参考にどうぞ。

まとめ

プロの声優までの道のりは長いですが、しっかり着実に歩んでいけば、決して夢ではありません。努力し続ける根性と、絶対になる!という強い気持ちを忘れずに、がんばっていきましょう。

人気記事本気で声優を目指す人におすすめの専門学校・養成所比較ランキング



プロ声優になる人がはじめに見るコンテンツ